腰椎すべり症の原因は、先天性と後天性の2つに分けられるでしょう。 先天性の場合は、他の症状を併発することが多く、高度な腰椎すべり症を発症することも多いでしょう。 後天性の多くは、子どもの頃にスポーツなどで負荷をかけ続けたために、疲労骨折を起こしたことが原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)だと考えられています。 しかし、体質的な要因もありますので、スポーツをしていなかったからと言って心配がないというわけではありません。 それに、加齢や生活習慣による体の歪みが元で、腰椎を支えている筋肉や靭帯(関節の強度を増す、可動域を制限して安定させるなどの働きをしています)、椎間板などが柔軟性を失い、もろくなってしまうのも大きな原因となります。 中高年の方は特に、何気なくおかしいな、違和感を感じるなと思ったら、そのまま我慢せずに早めに整形外科を受診することをおすすめします。 そのまま放置したりすれね、ゆっくりと症状が進み、気付いた時には手遅れだったということにもなりかねないでしょう。 腰椎すべり症が自然に治癒することはありませんので、早い段階から適切な処置を取っていくようにしてくださいー